外壁リフォーム成功へのコツ!

外壁リフォームを考える時期

外壁リフォームを考える時期

外壁リフォームを考える時期 外壁は屋根と並んで、建物を風雨から守るための重要な部位です。
外壁リフォームを考える時期は外壁の種類によって異なります。
外壁がモルタル塗りの場合は、表面にひび割れが発生するために、塗装が劣化した時点で外壁リフォームを行った方が建物本体を傷めなくて済みます。
外壁がサイディング等の乾式の場合には、塗装が多少劣化しても、すぐに塗装替えをする必要はありません。
外壁リフォームは屋根のリフォームと合わせて考えると経済的です。
瓦や銅板葺き以外の屋根材の場合は一定期間が過ぎると、塗装替えが必要になります。
一般的には屋根の塗装替えは10年から20年ごとに行う必要がありますが、外壁リフォームもその時期に合わせて考えることが理想的です。
屋根の塗装替えも外壁の塗装替えも、共に外部に足場が必要になります。
足場は両方の工事に共通して必要となるために、合わせて行うことで経費が抑えられます。
屋根と外壁のリフォームを合わせて行う業者が一般的なので、依頼するときに便利です。

外壁リフォームをする際の耐用年数

外壁リフォームをする際の耐用年数 外壁リフォームをする上で重要になってくるのが使用する塗料です。
塗料には様々な種類があり、耐用年数や価格、特徴もまちまちですからどの塗料が自分向きかを検討しましょう。
1.アクリル系塗料 年数は3~5年です。
塗料の中で一番コストがかからないが持続効果が短いのでまめに塗り直す必要があります。
2.ウレタン系塗料 年数は8~10年です。
密着性に優れていて塗装の剥がれが気になるところに使えます。
3.シリコン系塗料 年数は10~15年です。
外壁リフォームで使用する現在主流となっている塗料です。
価格と耐用年数のバランスがよく人気です。
4.フッ素系塗料 年数は15~20年です。
コストは割高ですが耐久性に優れていて長期的に考えると一年あたりの価格は安くなります。
以上が一般的な4種類の塗料です。
他に新技術の次世代塗料が 2種類あります。
5.遮熱塗料 年数は15~20年です。
太陽熱を弾き外壁や屋根の表面温度を下げる効果があり、室内の温度も下げてくれます。
省エネにも繋がります。
6.光触媒塗料 年数は15~20年です。
認定施工店でないと取り扱いができない塗料で、太陽光で汚れを浮かせ雨で洗い流すので汚れが付きにくい特徴があります。
遮熱効果と空気を浄化する効果もついています。